最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし
    メタ情報

    postheadericon 加振器の役割

    周囲を取り巻くあらゆる事象・製品や機械などにおいて、振動に対する周囲や本体にかかる影響とは常に考慮しなければなりません。例えば建物を例に取ると、振動監視の作業を割愛してその影響を知らずに建ててしまった後に自信が訪れた際、もろくも崩れ去ってしまったとなっては、その建物の性能は厳しく追及されるべきであることは想像にかたくないでしょう。

    建物の耐震性を測り、より強度のある素材や工法を生み出すことが可能になったのも、振動監視の作業をしっかり行い、振動による影響を分析した上で改良を重ねたからに他なりません。これは他の製品、機械に関しても同じことが言えます。

    普段使用している何気ないものでも、さまざまな環境で起こりうる振動にどのように反応するかは知っておかなければなりません。家電品でいえば洗濯機などは本体自身の稼働で振動が起こるわけですから、外部からの振動の影響に加えて自身の振動に対しての強度や周囲へのダメージなど多方面から状態を把握しておく必要があります。

    このように、あらゆる状況を想定した振動を機器で起こすのが加振器です。加振器にはいくつか種類があり、その特徴や振動を起こせる振れ幅などで使用されるシーンが異なります。